簡単?収入源をFXに!?

作家の収入源

いわゆる作家と呼ばれる人たちはたくさんの業種がおり、小説家はその名だたるものでしょうし、絵本を書く絵本作家、舞台劇を書く舞台作家、さらに進めば映像を作る人たちは映像作家などと呼ばれたりもします。

これらの人たちに共通することは、何かのものを作り出し、それを第三者に公開することによって、そこから日々の生活のために収入を得ているという事になります。

こうした事から、どんなジャンルや形態であるにせよ、作家と呼ばれる人たちの収入源はある程度限定された種類のものになります。

まず挙げられるのは、その作品を作り上げたことによる成果報酬、次にその作り上げた作品から得られる知的財産権による権利報酬、そして、そうした作品を作るための方法やノウハウを教える事による事によって発生する報酬なども、作家の収入源となり得るでしょう。

また、作家として能力が認められその地位が向上することにより、別の作家たちの作品を精査することによる選考報酬や、作品を出し続けることにより知名度が上がりそれによって発生するインタビューや公演、メディア出演などによる報酬も収入源とすることができます。

例えば、小説家で言えば作品を作り上げたことによる成果報酬とは、原稿料の事になり、物を書くことにより、出版社などがそれに対して支払うものになります。
代表的なもので言えば、小説やエッセイ、コラム、ルポなどがこれにあたり、執筆をすることによって得られる小説家の収入源の最たるものになります。

そうした文章などがまとめられ、出版されることにより得られるものが印税になり、多くの人が考える作家の権利収入と言われるものになります。
この印税の収入は、本がすられた部数によってその収入の額は変わってくるものになるため、たくさんの本が売れて人気が出れば大きい収入になることもありますが、人気がなければ収入は低くなっていきます。

また、こうした出版物がほかのメディアに移行した場合には、さらなる権利収入が得られることもあり、例えば映画化やテレビドラマ化、アニメ化、舞台化といったことになれば、そこからさらに収入が得られることになり、そこから派生してグッズや映像ソフトなどが売れることになれば、その売り上げからも収入が得られる場合もあります。

このような事はほとんど一握りの作家にしか起こり得ませんが、作家になるためには皆一様にその分野に対して高い専門知識や技術を持ってますので、こうした事を活用して小説家であれば小説家スクールを開いたりして収入を得ることは比較的に難しい事ではないでしょう。

また著名になることができれば文芸賞の選考員や講習会を開く、また、テレビなどのメディアに出演しタレント活動などをして、そこから新たな収入源を得るといったことも可能になります。